たけうちこどもクリニック

takeuchicl.exblog.jp ブログトップ

第9話 こどもの発達 その1

こどもってどんどん成長していきますよね。
その変化には、いつも驚かされます。

でも、普段の生活の中で、
「これって普通なの?」、「発達が遅れているのかな」、「どういうふうにかかわったらいいの?」
いつも親の悩みはつきません。

もし、こどもの発達の過程がわかったら、
子育てのなんらかのヒントになるかもしれませんよね。

そこで今回から、僕がこれまで学んできた、こどもの発達についてお話ししようと思います。
僕も学びながら、「あー、うちのこもそうそう」とか、
「へー、なるほど」とかいうことがたくさんありました。
どなたかに、「あ、そうか」って思えることがあるかもしれません。
e0248111_21492953.jpg


では、まず今回は、こどもの年齢ごとの発達の特徴を、
かなーりざっくりと、大まかにみていきましょう。

0から12か月までの乳児
おとなに保護や世話をされることによって発達する時期です。
とくに運動能力の発達が重要な部分を占めています。
はじめは仰向けで動くこともできない赤ちゃんが、この時期の終わりには
つたい歩きをし、数秒間なら支えなしで立つこともできるようになります。

1歳児
なんにでも興味を示し、活動的に動きまわる時期。
おとなと感情や意志を通じ合えるようになります。
親にとっては、手のかかる大変な時期です。

2歳児
一見変化が少なくみえますが、次への発達のための力が蓄えられる時期。
言語面では、おとなと会話をかわすことができるようになっていきます。
きげんのいい時には楽しく遊び、ものわかりもよく、むちゃはしなくなってきます。
しかし、ときには赤ちゃんにあともどり。言い出したらきかない大変なことも多いのです。

3歳児
幼児の前・後期の中間点で、ひとつの転換期。
遊びが盛んになり、いろいろなことができるようになる時期です。
想像力が豊かになり、遊びの内容が広がります。
食事や排せつの習慣も自立していきます。

4歳児
ききわけがあり、分別ができる、安定した時期です。
わからないことがあるとおとなにたずね、自分が知っていることは教えてくれます。
友だち遊びが広がり、社会性の大きく発達する時期です。

5歳児
いろいろな能力が安定し、成熟して落ち着きをみせる時期。
話しことばが完成する時期でもあります。
絵を描いたり造形をしたりするとき、目標をもって作ろうと工夫します。

6歳児
体力がついて、知識欲も旺盛になる時期。
文字の読み書きの能力も急速に伸びてきます。
身のまわりのことはほとんど自立していきます。



以上、はや足でしたが、まずは簡単にまとめてみました。
次回から、ひとつひとつ、くわしくみていきましょう。

参考文献:
増補 乳幼児精神発達診断法 0才~3才まで, 津守 真、稲毛教子著, 大日本図書
乳幼児精神発達診断法 3才~7才まで, 津守 真、稲毛教子著, 大日本図書

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
たけうちこどもクリニック

パソコン用:http://www.takeuchi-cl.org/
携帯用:http://www.takeuchi-cl.org/mobile
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by takeuchi-cl | 2011-10-29 22:22
line

   タケウチマサトモ


by takeuchi-cl
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite