たけうちこどもクリニック

takeuchicl.exblog.jp ブログトップ

第33回 書くことについて思うこと

e0248111_20410194.jpg
(今週の写真:The Sweet Castle)
先日、犬山市の「お菓子の城」でおこなわれた、本田健さんの新春講演会にいってきました。
キューピットが矢を射るお菓子の城〜♪
小さい頃に流れていたCMを覚えているかもしれませんね。
なぜ「お菓子の城」で講演会なの?と思いましたが、
ゲストの(「タマゴボーロ」で有名な竹田製菓の)竹田和平さんがお菓子の城をつくった方だったのです。
知らなかった。
とても楽しい講演会でしたよ。

さて、今回は「書く」ことについて考えてみました。

今年からこのブログを毎週月曜日に更新することを目標にしています。
週に1回とはいえ、毎回なにを書こうかあれこれ悩むわけです。
とくに今回はなかなか書けない… ネタ切れか… ΣΣ(゚д゚lll)
と、いうことで「書く」ことについて考えたのでした。

なにか書くときには、頭に浮かんだことを紙などに記します。
「書く」とはつまり「思考を形にする」こと。

書くことの意味は、思考の整理・深化・記録・伝達にあると思うのです。

整理:
 書くことで思考や感情が整理される。
 頭の中でモヤモヤしていたことが、書きだすことでクリアになりスッキリする。
 これは大きなメリットではないでしょうか。
 なにかモヤモヤを抱えている方。試しに頭の中にあることをすべてノートに書き出してみてください。
 つながりが見えたり、悩んでいたことが実はたいしたことでなかったり、なにをするべきかがわかったり、
 きっといいことがあります。
 目標や夢を紙に書くと実現するというのは、明確になるからでしょうね。

深化:
 書くことで新たな気づきが生まれることがよくあります。
 また書くために調べることで、新たな知識が得られることもある。
 自分の中で思考が深まることはもちろんですが、
 書いたことに対する他の人の反応から思考が深まることもありますね。
 あ、そういう考えがあるのか!と。
 書くからより深く考えることができ、思考が発展していきます。

記録:
 私は自分の記憶力にまったく自信がありませんので、忘れないようによくメモをとります。
 忘れないように必死にならなくても、書いたら忘れていいんです。
 記録したことを後で見返して思い出したり、新たに気づくことがあります。

伝達:
 考えているだけではなかなか伝わりませんが、書いて形にする事で人に伝えることができます。
 手紙やメールや本は伝えるために書くわけです。
 人は文字で伝えることで発展を続けてきたといえるでしょう。
 文字を介して思考が伝わる。これが書くことの一番の意味でしょうね。

昔から「読み書きそろばん」といわれるように、「書く」ことは基礎的な能力のひとつです。
だからこそ書くことには大きな力がある。
情報をインプットしたら、自分で考える。
考えたことは書いてアウトプットしていきたいと思います。

ふ〜これでなんとかブログが書けました。
ではまた来週!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
たけうちこどもクリニック

パソコン用:http://www.takeuchi-cl.org/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by takeuchi-cl | 2014-02-17 09:00
line

   タケウチマサトモ


by takeuchi-cl
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite