たけうちこどもクリニック

takeuchicl.exblog.jp ブログトップ

第42回 こどもに指示するときに気をつけてること

e0248111_14310782.jpg
(今週の写真:perspective )

ここのところランニングをサボッ休んでいましたが、
最近また走りはじめました。
体を動かすと気持ちいいですね。

さて今回は、私がこどもに指示を出すときに
気をつけていることを4つあげてみました。

1.こどものそばに行って指示する
 離れたところから「あれやれ、これやれ」って言っても、
 たいてい言うことをきいてくれません。
 すぐ隣まで行って、まずやっていることをとめさせます。
 それからできるだけ目をみて指示を出すと、従ってくれることが多いです。

2.指示に従えたらほめる
 こちらの言うことを聞いてくれたら、すかさずほめます。
 「ちゃんとできてえらいね」とか、
 「すぐに言うことをきいてくれてうれしいな」といったり、
 「👍(グー)」とサムアップサインを出します。

3.区切りをつける
 こどもがなにかやっているときは、区切りをつけるようにします。
 例えばTVをみているときは、「次のCMになったらやろうね」とか。
 何回も繰り返しの遊びをしている場合は「あと何回やったらおわりね」とします。
 区切りのいいところで区切るようにすると、こちらの言うことを聞いてくれやすいようです。
 それを「イヤだ」ってときは、「じゃあと何回にする?」とか、「どこまでにする?」って
 本人に決めてもらうと、動いてくれることが多いようです。

4.わかりやすく指示する
 指示は一度に一つ、わかりやすく指示を出します。
 「トイレ行って、手を洗って、ご飯にするよ」よりは、
 「トイレに行きなさい」だけのほうがわかりやすい。
 終わったら「手を洗いなさい」、それから「テーブルに行きます」と言います。
 具体的に一つずつ指示を出した方がわかりやすいですね。

どれも簡単で当たり前のことばかりですが、
これだけで、けっこう言うことを聞いてくれるものです。
もちろん、ダメなときもありますが。。。
そんなときの対応については、またいつか書きたいと思います。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
たけうちこどもクリニック

パソコン用:http://www.takeuchi-cl.org/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by takeuchi-cl | 2014-04-21 09:00
line

   タケウチマサトモ


by takeuchi-cl
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite