たけうちこどもクリニック

takeuchicl.exblog.jp ブログトップ

第105回 書店をめぐるたび

e0248111_04365569.jpg
(今週の写真:untitled )

書店をめぐる度、膨大な本に圧倒される。
書棚に並ぶ、心惹かれる本、本、本。

「ああ、この本はまだ読んでいない」
「ああ、この本も読まなければ」
「ああ、あの本もこの本も…」
「ああ、こんなに読みきれない」

斯くて厳選した本の束を持ってレジに向かう。
選んだ本を手に逸る気持ちと裏腹に、
書棚に戻した本に引かれる(短い)後ろ髪。
これだけ読むのにどれだけかかるだろうか。
次に書店をめぐるのはいつになることか。

日本語で書かれた本だけでも膨大な数に上る。
国内の書籍検索サイト Books.or.jp によれば、
入手可能な書籍は約96万点(2015年7月6日時点)だという。
読みきれるかといえば、とうてい読みきれはしまい。

しかしながら、読書は悦びと苦悩に満ちている。
苦いが旨くて、くせになる。
読めば読むほど、知れば知るほど、
その悦びと秘やかな興奮とともに、
いかに自分が知らないかを思い知らされる。
知ることは自らに知らないことの自覚を迫るのである。

だから、それでも、またしても、
読書の悦びを求めて、
不全感に苛まれることなく、
苦悩に怯まず、
忘却をも恐れず、
本の森、知の森たる書店をめぐる旅、
足を踏み入れ、分け入り、彷徨うのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
たけうちこどもクリニック

パソコン用:http://www.takeuchi-cl.org/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by takeuchi-cl | 2015-07-06 09:00
line

   タケウチマサトモ


by takeuchi-cl
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite